応募してみた求人のライバルがみな優秀だった話

美容系の専門学校で学び、短期ですがニューヨークに留学もし、それなりに技術も身についているという自負もありました。

応募してみた求人のライバルがみな優秀だった話

美容系の専門学校で学び

応募してみた求人のライバルがみな優秀だった話
美容系の専門学校で学び、短期ですがニューヨークに留学もし、それなりに技術も身についているという自負もありました。
美容業界でも有名な会社の求人を見た時、きっとここで活躍することができると思ったのです。
自信満々で応募したのですが、今はその時の私に意見してやりたいくらいです。

面接当日、グループで面接を受けることになったのですが、短期どころか長期留学をしていた人や、コンテストで受賞歴がある人など、ライバルはみなそれなりの実績を持っている人ばかりでした。
自分など井の中の蛙だと思い知らされました。

それでも、私なりに懸命に言いたいことを伝えようとしたのですが、どうしても面接官が他の人より冷やかな視線で見ているような気がして仕方がありませんでした。
こんなに条件に差があるように見えるのに、よく面接にまで漕ぎつけることができたと思ったほどです。
案の定、面接の結果はお断りメールでした。

その後、美容系の仕事は諦め、今はアパレル系のお仕事をしています。